院長コラム

2016 03/10

3月 当院と不妊治療

暖かい日が続きましたが、今日は冷たい雨の日です。
皆様いかがおすごしでしょうか?
厚生労働省は不妊治療の助成を42歳までとしました。
患者さんで様々な症状をもった不妊治療中の方々がおられます。
不妊治療が心の負担になっている方々、年齢的にタイムリミットに近づいてる方々など、お悩みは人それぞれです。
当院的には症状にそった治療をするわけですが、お薬を飲んでいただかないといけない事もあります。
そういう場合基本的には不妊治療の方をお休みして頂くように申し上げますが、それなら、当院の治療はやめておくと言われる方もあります。
多くは、タイムリミットが近づいているから、との理由です。
あれほど症状が悪くておつらそうなのに、と思いますが、患者さんの意志を尊重しなければいけません。
産科と連携がとれたらば、と思い、現在考えている途中です。
一覧へ